2017.08.01 Tuesday

スポンサーサイト

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    2012.08.17 Friday

    えぇっ!?3日も延長するの!?(ノートの苦悩)

    0
       万年筆を使うにあたり、困るのがノートである。安い紙だとインクのにじみと裏抜けが起こってしまうからである。万年筆を扱っているブログを見てもノートにこだわっている人が多いように思う。僕も日記用で色々使ってるんだけどピンと来るものはまだ見つけられないでいる。
      今まで使ったことのあるノートは下記の通り。インク抜け等の評価はスーベレーンM400+セーラーウルトラマリンでの評価。コスパはA5サイズの値段と紙の枚数の割合で(なんともケチ臭い評価の仕方だが・・・)

      ・ジークエンス
      見開き:○ 背表紙が柔軟な樹脂になっている。ページもめくりやすい。
      万年筆:× 裏抜けあり。パイロット74のEFでも起こった。
      コスパ:¥7.4/枚
      1冊目の日記で使用しました。ボールペン使用前提なら良いノートかと思います。
       
      ツバメノート(フールス紙のもの)
      見開き:× 枚数が多いもの(100枚綴り)だと開きにくい。
      万年筆:○ 手持ちの万年筆では滲み・裏抜けは全く発生せず。
      コスパ: ¥4.8/枚 特筆すべき安さ。素晴らしいとしか言いようがない。
      2冊目の日記で使用。枚数が多いと開きにくさが気になるが、B5ノート40枚綴りで適当なことを書きまくるのには最高のノートかと。自由帳と家計簿で使用中。

      MDノート
      見開き:○ どのページでも180度苦もなく開く。
      万年筆:△ 国産Fニブくらいまでなら問題ないが、インクフローの良いニブだと線が若干滲む。裏抜けは無し。
      コスパ: ¥9.5/枚 
      3冊目、4冊目(現在)で使用。もっぱらプラチナ#3776 で書いてます。表紙が結構割り切ったデザインなので気になる人はノートカバーがあったほうが良いかも。

      CDノート(シルキー)
      見開き:○ ただMDノートよりちと劣るように感じる。
      万年筆:× 綺麗に書ける時、滲んで裏抜けても起こる時でムラがあるように感じる。パイロット74 EFでも線が滲んだのはちとショック。
      コスパ: ¥9.8/枚
      正直期待はずれだったノート。書き味は滑らかで素晴らしいんだけどなぁ。買った1冊と万年筆買った時におまけでもらった1冊、計2冊が眠ってしまってる状態。

      ・マルマン カバーノートリフィル
      見開き:○ MDノートと同じくらい良い。
      万年筆:× 滲みも裏抜けも起こる。たぶん普通のインクでは辛いと思う。
      コスパ: ¥9.8/枚
      これも正直期待はずれだった。ボールペン前提のノートかなぁ。

      ・万年筆くらぶ オリジナルノート
      見開き:○ CDノートと同程度
      万年筆:○ 名前通りの性能。
      コスパ: ¥13/枚 手持ちのノートでは一番悪い。
      「フェンテ」という萬年筆クラブのオリジナルノート。変形A5サイズという特殊なサイズ(A5より横幅広め)なのでノートカバーの使用は諦めた方がいい。横罫の両側に広めの空白があり、ちょこちょこっと書き加えるのに便利。

      というわけでどれも一長一短である。悩ましい・・・。



      JUGEMテーマ:文房具・ステーショナリー
      2012.08.14 Tuesday

      今日で終わるブログ(愛知県内文房具屋まとめ)

      0
         自分への備忘録的な感じで。

        KDM
        本社が岐阜なので必然的にそっち中心の展開(愛知だと一宮、小牧、扶桑)。名古屋市内だと上小田井のmozoワンダーシティー内。昨日の日記に書いたけど、最近豊田市駅に出店しました。売り場雰囲気が良い感じ。万年筆はパイロットカスタム74とセーラープロフィットが自由に試筆できる。(インク切れてること多いけど・・・)

        東急ハンズ
        愛知県には名古屋駅と錦の2店舗。車で行くとなると駐車場代がかかるのがなぁ・・・。名駅の方はすぐ傍に高島屋の万年筆売り場があり、今だとパーカーインジェニュイティが試筆できる。

        ロフト
        名古屋市内栄と岡崎にあり。岡崎は売り場面積が狭いので品揃えはいまいちかも。どちらも万年筆はあんまりありません。あと栄は駐車場代が高くつく・・・。

        竹内文具店
        岡崎。いわゆる町の文房具屋さんですが万年筆には強いみたい。ここで万年筆を買ったこと無いけど趣味の文具箱で特集されるくらいだし川口さんがペンクリに来てたみたいなので相当なのだろう。

        精文館書店
        本店は豊橋駅、愛知県内だと三河中心の展開。併設の文具コーナーだが本店はかなり売り場面積が広い。最近パイロットのペンクリがあったみたい。本屋行くついでに文具も、ってときに便利なところ。

        PEN-LAND CAFE(リンク先、音楽が流れるので注意)
        大須。カフェだけど新品、ヴィンテージ万年筆販売もやっているという変わり種。毎月28日は新品は2割引き。製品は全て検品しているようなので舶来物も安心して買えます(M400はここで買いました。)。運良く店内に社長が居ると調整もしてもらえる。趣味の文具箱がVOL.1~23まで揃っているまさに俺得なところ。パーカーインジェニュイティ、ラミーサファリ、セーラープロフィット21、パイロットカスタム92、パイロットキャップレス、ファーバーカステルの何かが試筆可能。

        三光堂
        名古屋市内大曽根駅近く。名古屋ご当地インク(全11種類)があり、ペンクリも年1回あるみたい(川口さんほんとあっちこっち行ってるんだなぁ、凄いわ)。

        とりあえず、こんなところだろうか。個人的にはKDM推しです。駐車場代かからないしね(ここ結構重要)。
        Calendar
             12
        3456789
        10111213141516
        17181920212223
        24252627282930
        << September 2017 >>
        PR
        Selected Entries
        Categories
        Archives
        Recent Comment
        Links
        Profile
        Search this site.
        Others
        Mobile
        qrcode
        Powered by
        30days Album
        無料ブログ作成サービス JUGEM