<< 3レーン立体用VS | main | 2014振り返り(ミニ四駆以外 >>
2014.12.29 Monday

今年のレース納め

0
    早いもんで2014年のミニ四駆レースが全て終了しました。
    軽くまとめを
    ●公式
    相変わらずイマイチやる気が出ず薄紙で終わりました。
    公式マシンのシャーシがAR→VS→S2→VSと変遷したのもあかんかったですね。
    そしていつも通り絶対的速度不足。
    公式に臨むスタンスが変わらん限りはこのままでしょうね。

    ●店舗レース
    トイズで1回、大須で3回、東ラジで1回、フクシマヤの棚ぼたレースで1回の計6回の優勝でした。去年と同じくらい?
    大須に至っては結構安定して成績を残せたので年間チャンピオンになれました。
    東ラジはレース場の改修でコースががらっと変わったのが原因か終始調子悪かったです。
    トイズはまぁ・・・いつも通り翻弄されておりました。
    今年は周りで結構ステーションが増えたように思います。フクシマヤのレースにもたまに出てました。
    棚ぼたでウィンタートライアルの紙を貰ったので掛川で使用予定。

    ●使用マシン(3レーン)
    今年も去年と同様、フレキからVSS2ヒクオ、一時期はARにハマったりとか節操無くやってました。大須のスピードレンジが落ちたのもあってフレキの使用頻度は減りましたね。S2は改めて楽なシャーシだな、と。ハードな状況が多い3レーンに使うにはうってつけかと。ARはシャーシの肉抜きを始めると途端に面倒。あとヒクオのステーが面倒。
    マシンとしては少しは進化はしてるんだろうか。そういえば今年からVSを本格的に使い始めましたね。あとはRRローラーのピン打ち、ハーフタイヤ、11mmベアリングの採用くらいですかね。ピン打ちとハーフタイヤは3レーンでも本当によく見るようになりました。あとカーボンスラダンを3レーンで使用する人も増えましたね。僕はスラダンを作るのが面倒なので使いませんが・・・。

    ●店舗レースのコース変遷
    トイズ
    正統派なコースが増えたように感じましたが、忘れた頃にフレキシブルストレートやらバックストレート全芝が設置されたりとまだ侮れない。あとグラホマ氏が主催するゆるふらも開催されるようになりました。フラットやりたいけど桁はちょっと・・・な人は是非。

    大須
    前述のとおり速度レンジが落ちた関係上、フレキ使用者が減り、片軸使用者が増えた印象。ヒクオがそれだけ優秀なギミック、っていうことも言えますね。

    東ラジ
    コース設置スペースが拡がったのとコース設営が違う方になった関係で高低差がえらいことになったり、アイガー上りの途中にウェーブが入ってたり、今日時点だとDBの飛距離によってコースが分岐するというコースになっております。独自性が強まった感じですね。
    ホモとラブライバーの巣窟になりました。

    フクシマヤ
    上記3つに比べると最近になってステーションになったところです。最初はフラットでしたが、途中から立体になりました。立体セクションは1箇所しかなく容易なことが多いため、回るモーターでブレーキ強めっていう展開が多いように感じました。

    ●パーツ
    2mm直は便利なのでもっと買っておくべきだったかなぁ、と。HD2終売は正直ショックでした。やはり便利には違いないので。

    まぁ来年も飽きない限りはスタンスは変えずに続けてると思います。
    2017.05.28 Sunday

    スポンサーサイト

    0
      コメント
      コメントする








       
      Calendar
       123456
      78910111213
      14151617181920
      21222324252627
      28293031   
      << May 2017 >>
      PR
      Selected Entries
      Categories
      Archives
      Recent Comment
      Links
      Profile
      Search this site.
      Others
      Mobile
      qrcode
      Powered by
      30days Album
      無料ブログ作成サービス JUGEM