<< FMを諦められなくて | main | まぁ、せっかくのX系だしひっくり返すよね >>
2016.04.17 Sunday

Xの厳しさ

0
    とあるチャンピオンズ2人に「おう、お前X作れよ、あくしろよ」とか言われたので作りました。
    といってもXXなのだけどあんまり変わらないか。

    今までXを避けてきたのは理由があって、

    1:オレンジクラウン使うと出る駆動音が気に食わない
    2:シャフトが72mmだと短い
    3:フロントバンパーカットの仕方がよくわからない
    4:提灯(ヒクオ)のステーがどう作ったら良いかわからない。

    が主にありました。他にもトレッドが広くてホイールベースも長いのでコーナー遅そう、
    とかいろいろあったのですが。



    で、早速前述のフロントバンパーからです。色々と考えた結果、この位置でシャーシとバンパーを
    ロックナットで接合してます。


    裏から。ステーの付け根の根本にはフルカウルカーボンを切ってビスの曲がり防止、兼ブレーキ貼る
    スペースを設けました。タイヤ径26mmで3mmのスポンジを貼るとカスるくらいの位置です。
    で、なんで、ビスの曲がり防止が必要なのかというと・・・


    上のようにバンパーのステーとシャーシの間にスペーサーがない為、ロックナットを締め過ぎると
    ステーがたわんでしまいます。それを防止するため、ステーはなるべく硬いマルチリアワイドカーボン
    を使い、加えてフルカウルカーボンで補強してるわけです。
    実際、熟練のXユーザーはどうやってるんでしょうねぇ・・・。
    孔は既存バンパーの孔を使って位置合わせしてから孔開け→バンパーカットという手順です。
    VSとあまり変わりませんがステーは既存の孔が使えるのでVSよりは楽ですね。


    リアは特に代わり映えはないです。ただ、Xってホイールとリアステーの付け根が近く、
    ホイールベースが長いくせにローラーベースはVS、S2とあまり変わりません。
    ローラーベースは長めが好きなのでマルチワイドフロントを使って若干ローラーを後ろに下げてます。
    (それでもFMARよりはローラーベース短いけど・・・)


    で、次にヒクオ。四苦八苦した結果こんなんになってしまいました。
    X系はシャーシとタイヤの間が狭いので、その間を通るステーはどうしても細くなってしまい、
    折れてしまいます。


    前後のステーはフルカウルカーボン、マスダン置くステーはマルチリアワイドから切り出しました。
    おおよそのカット方法はマスキングテープのとこをカットしてあとは削って調整です。
    細くなった所は割った金ラメを貼って補強してます。
    前後のステーにフルカウルカーボンを使ったせいで横に広くなってしまい、TRFワークスくらいしか
    ボディーが乗りません。(TRFワークスですら干渉してるところに孔を空ける始末)

    ちなみにオレンジクラウンは歯先を色々調整したらなんか静かになったので解決しました。
    シャフトはステアリングシステムの奴を適当な長さに切って使ってます。
    このシャフト、AOで72mmノーマルシャフトもろとも単体で売って欲しいんだけど・・・。

    あとXX(Xもだけど)、欲しいカラーがなかなか入手出来なかったり。S2どころかARですらカラバリ
    に恵まれてるんだなぁ、とか思いました。

    このマシン、速度域の高いコースでどうにも調子が良くないので早くも解体予定です。
    おそらくFMXXにされるかと思います。
    2017.11.22 Wednesday

    スポンサーサイト

    0
      コメント
      コメントする








       
      Calendar
         1234
      567891011
      12131415161718
      19202122232425
      2627282930  
      << November 2017 >>
      PR
      Selected Entries
      Categories
      Archives
      Recent Comment
      Links
      Profile
      Search this site.
      Others
      Mobile
      qrcode
      Powered by
      30days Album
      無料ブログ作成サービス JUGEM