<< Xの厳しさ | main | 持ち物リスト >>
2016.04.30 Saturday

まぁ、せっかくのX系だしひっくり返すよね

0
    某氏のFMXXを見る機会があって「前にモーターがあるとマッシブでかっこいいな」と思いまして。
    そう思ったら作らないと、ってなったのとバンビ大宇陀でのレースに参加して3位入賞景品が
    カーボンXシャーシだったってのがあったので魔が差して作りました。
    ちなみに最近作ったXXからいくらか部品取りしたのでXXは解体しました。
    短い人生だったね・・・。

    だってタイヤ作るの面倒くさいじゃん?



    フロントバンパーは最近恒例の3mmFRPカーボンを適当に削って使用。
    フロントローラーは基本の12-13WAです。ちょっと前は11mmマンセーでしたが、
    最近はどっちでもいいやってなってます。


    フロントバンパー下から。3点止めからリアマルチを伸ばしてブレーキ貼るスペース
    (灰ブレーキが貼ってあるところ)をARフロントステーで作りました。
    タイヤ径が26mmだと ワッシャー等の調整無しでちょうど3レーンのバンクにギリギリ擦らない
    位置になります。ただ普通に付けただけだとダメで・・・


    バンパーはアッパースラストにしてます。S2でやってるのとやり方は同じで、割った
    小ワッシャーをFRPに接着して角度付けてます。この作業がくっそだるくてな・・・


    リア上から。ステーを生やす方法は前に作ったXXのバンパーカット方法と全く同じやり方です。
    ステーの作りはリアマルチにARフロントステーを繋いだだけのお手軽なやつです。
    これで165mm弱(163くらい?)になります。


    リアステー下から。引っかかり防止のステーはX系シャーシの場合、プラリンだとローラーと
    タイヤがかなり近くなるので不要だと判断しました。
    そういや今回初めてコールダイオールでプラリンの染色をやってみました。アルミ部分の研磨が
    くっそ面倒ですね・・・。このマシンは平らで磨きやすい面を上にして、下の面は研磨が
    面倒くさいのでそのままです。相変わらず雑。



    FM化ってことで本来はプラス端子が来るところにマイナス端子が来るのでそのままだと
    電池がきつくて上手く収まりません。なので上のようにシャーシ・Aパーツを加工。


    加工しておくとこんな感じでマイナス端子がちゃんと収まります。


    提灯は上のようにAパーツの上を通します。本当はAパーツをよけたいのですが、3レーンで
    ガンガン走らせることを考えると、耐久性も確保したいし良い案も思い浮かばなかったので。


    提灯だけは上の通り。電池を叩くプレートは珍しく新規孔を開けてます。直FRPの既存孔を
    使っても良いのですが、マスダンパーがやたら横にずれてしまうのでカッコ悪いなぁと
    いうことで少し内側にマスダンを置いてます。

    車重は後ろのマスダンがシリンダー×2の時に127gでFMARと同じ。
    駆動はよくわかんないので素組です。オレンジクラウンの慣らしって歯が飛んだ時の
    替えが効かないので、ならもう売ってるまま使ってしまえって感じです。
    多少駆動音はうるさいですが問題無いです。

    シェイクダウンのフクシマヤナイトレースで良い働きをしてくれたので、
    しばらくは使っていこうかと。

     
    2017.06.21 Wednesday

    スポンサーサイト

    0
      コメント
      コメントする








       
      Calendar
            1
      2345678
      9101112131415
      16171819202122
      23242526272829
      3031     
      << July 2017 >>
      PR
      Selected Entries
      Categories
      Archives
      Recent Comment
      Links
      Profile
      Search this site.
      Others
      Mobile
      qrcode
      Powered by
      30days Album
      無料ブログ作成サービス JUGEM