<< まぁ、せっかくのX系だしひっくり返すよね | main | 何の変哲もないS2が出来るまで1 >>
2017.08.01 Tuesday

スポンサーサイト

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    2016.05.09 Monday

    持ち物リスト

    0
      普段店舗レースで持って行っている持ち物を紹介します。
      ピットボックス1つ、タッパー1つ、充電器関係、ブレーキ入れた袋って感じでやってます。

      キーホルダーは気にしないでください。願掛けです願掛け。
       

      まずは工具類。まぁ特に変わったものは持っていってません。モーターに真鍮ピニオンが
      付いてこなくなったので、ピニオンプーラーは正直出番が無いのですけどね・・・。
      デザインナイフの下はボールペンなのですが、筆記用具が必要になることが極稀にあるので
      一応工具箱に入れてます。TAMIYAの抽選でもらったやつだったはずです。
      写真には無いですが、両面テープ(ナイスタックプラスチック用)とウエスタイヤ拭くための
      ウエスも入れてます。
      電圧計は電池をたらした状態で走りたい時に主に使います。


      公式や店舗でもパークリ使えないところ(愛知ではあんまりないけど)はKATOのユニクリーン
      でタイヤ拭いてます。


      ボックスレンチはタミヤのではなくABSホビーのものを使ってます。これ1つで普通の
      ナットとロックナットに対応可能。ただナットを収める穴が深いのでタミヤのに比べると
      若干使いにくいかもしれません。
      タミヤのボックスレンチの軸は錆びてくると見てくれが悪いのでなんとなくこっち使ってます。


      ピットボックスの中身はこんな感じ。マシンは店舗レースでは硬めシャーシ(ARなど)と
      柔らかめシャーシ(S2など)の2台持って行ってます。入れ方がすごく雑です・・・。
      フリー走行で2台とも走らせて調子が良さそうな方を選んでレースで使います。
      2台あると片方が破損したとき部品取り出来ますしね。深COBはそれで助かりました。
      レースの結果は聞くな
      下段はビス類のケース+モーターケース。蓋には皿ビスケースと電池とAパーツとかの
      予備パーツ、ギア、ローラー、マスダン、ベアリングが入ってます。


      ビス類のケースはセリアのピルケースです。ピットボックスとの相性が異常に良くて、
      狙いすましたような寸法で出来てます。
      モーターケースはちょっと前までは売ってたTAMIYAのマルチケース(っていう名前だっけ?)
      です。両軸モーターも収まるしクッションも入ってるのでまた売ればいいのに、って思ってる
      んですが・・・。


      蓋の下側。皿ビスと電池、シャフト等、Aパーツの予備を雑多に入れてます。
      昨日のバンビのレースではFMARを使ったのでARのモーターしたAパーツを3枚入れてました。
      正面衝突したらほぼ隔日に爪が割れるので2枚は予備がないと安心出来ませんね。
      なんでAパーツをPOM製にしたんだよ
      830が付いてるステーはLCが入らない時の為のものです。画像では見難いですが830用の
      引っ掛かり防止ステーも入ってます。
      電池は6セット(12本)用意しても使い切れないことがほとんどだったので最近は3セット(6本)
      にしてます。


      蓋の上側。ベアリングは錆防止の為、パークリ液中保存です。パーツが仕切りを乗り越えて
      しまうことが多々あるのでスポンジ貼ってます。


      充電器はエナジャイザーの黒。今となっては希少品になってしまいましたね。
      使ってる人が多いので自分のものがわかるように印を付けておいた方が良いと思います。
      左はモバイルバッテリー。どこのメーカーのものか知らないですが20000mhあるので
      店舗レース2回は行けますね。モバイルバッテリーはUSB端子があると、いざって時に
      携帯が充電できるので良いと思います。USBケーブルは大抵コンビニで入手出来ますしね。


      ブレーキ類はジッパー付きの袋に適当に。黒と赤2mmばっか減るので困ってます。
      大抵の人はそうじゃないでしょうか。
      赤ブレーキは強力に効くので剥がれやすいです。貼るところをパークリで脱脂して前述の
      両面テープで貼ってやれば剥がれにくくなります。前ブレーキはそれでも剥がれることが
      あるので、前側をニッパーで角を落とし、角を落とした部分にマルチテープを貼っておけば
      よほど剥がれません。

      パークリはそこらのホームセンターに売ってる安い奴で十分です。
      ただ前述の通り店舗によってはスプレー禁止のところもあるので注意して下さい。
      2017.08.01 Tuesday

      スポンサーサイト

      0
        コメント
        コメントする








         
        Calendar
             12
        3456789
        10111213141516
        17181920212223
        24252627282930
        << September 2017 >>
        PR
        Selected Entries
        Categories
        Archives
        Recent Comment
        Links
        Profile
        Search this site.
        Others
        Mobile
        qrcode
        Powered by
        30days Album
        無料ブログ作成サービス JUGEM