<< ミニ四駆で使うもの 淵吋潺ル類) | main | ミニ四駆のちょっとしたことをどうしてるか >>
2016.12.07 Wednesday

ミニ四駆で使うもの◆淵螢紂璽拭璽咼奪函

0

    標題に通り、今回はリューターで使うビットを紹介します。

    ちなみに使っているリューターは王道を行くプロクソンです。

    前もなんかの記事で書きましたが、ワット数の高いやつ選んだほうが

    切削が楽なのでお勧めです(特にタイヤ)。僕はNo.28400使ってます。

     

    チャックはφ2.35とφ2.00のコレットチャック使ってます。

    コレットチャックを取り替えるのすら面倒臭がる人間なので、ビットの軸径はなるべくφ2.35に

    揃えるようにしてます。

     

    ・ダイヤモンドカッター

    近所のホームセンターで買ったやつです。FRP、カーボンの切削用ですね。

    カーボンが切断しにくくなってきたら交換時でしょうか。

    円板が歪んできた場合も交換した方が良いです。歪んでると切断中にカッターがカーボンに

    食い込んでパーンってなることが多い気がします。(誰もが経験あるよね?

    こっちはダイヤモンドカッターの小径のものです。こっちはカーボンに長孔を開ける時に

    便利です。スラダンの孔とか肉抜き孔とかですね。

     

    ・丸のこ刃

    ダイヤモンドカッターでシャーシを切ると樹脂が溶けてバリが酷いことになるので丸のこ刃

    がお勧めです。ただダイヤモンドカッター以上に円板が歪みやすいです。ペラッペラなので

    当たり前ですが。こっちは刃が付いてるので指に当たると確実に怪我に繋がります。

    十分に注意して使用しましょう。

    もっとも最近出番が少なくなってしまいましたが・・・。

     

    ・アルゴファイル ジルコニアビット

    熱を持ちにくいことを売りにしているジルコニアビット。シャーシがあっという間に粉になる

    ほどの切削力があります。前述の理由でダイヤモンドビットよりバリが出にくいですが、

    それだけ削りカスが辺りに散乱します。掃除は大変なので透明な箱の中で使うとかして

    対策して下さい。最初に左を買ったのですが、作業は右のコーン型の方がやりやすいと

    思います。

     

    ・開先90°ダイヤモンドビット

    皿ビス用の凹んだ座面を作るやつです。無駄に拘ってドリルスタンドと併用して使ってます。

    なんかタミヤからも皿ビスセットと合わせてビット出るとかいう噂ありますね。

    前は軸径φ3.0の物を使ってたんですが、アルゴファイルの奴は軸径がφ2.35なので乗り換え

    ました。お値段も安価な方だと思います。3本セットだし。

     

    ・ダンガン用シャフト

    ビットっていうかただのシャフトです。タイヤ加工用ですね。スライドアタックタイヤにも

    シャフトが入っているのでフレキ使いの人に樽バネ以外の余りものをおねだりすると

    貰えるかも。(貰えるとは言っていない。

     

    写真は撮ってないですがあとはドリルですね。タイヤ貫通用の1.8mm、ピン打ち孔用の

    1.9mm、ビス孔用の2.0mmが主です。

    あとはビスをφ2.0のコレットチャックで掴んでマスダンをナットで固定して回しながら

    ピカールで磨いたりとかもやります。リューターさまさまですね。

     

     

     

    2017.05.28 Sunday

    スポンサーサイト

    0
      コメント
      コメントする








       
      Calendar
       123456
      78910111213
      14151617181920
      21222324252627
      28293031   
      << May 2017 >>
      PR
      Selected Entries
      Categories
      Archives
      Recent Comment
      Links
      Profile
      Search this site.
      Others
      Mobile
      qrcode
      Powered by
      30days Album
      無料ブログ作成サービス JUGEM