<< なぜかFMS2も作った | main | MSシャーシのバッテリーホルダーレス化 >>
2017.06.12 Monday

雑なフレキの作り方

0

    実は、前からちょいちょい「フレキ」の検索ワードでうちに来てる人が

    ちょいちょい居まして。

     

    ちょうど大須とかでフレキでウェーイしてたらシャーシがぶっ壊れてしまいました。

    どうせならシャーシ交換ついでに記事にしましょう、ということで

    僕のフレキの作り方です。初めに言っておきますが、標題の通り加工は雑です。

    どうせ壊れやすいんだしちゃちゃっとやれたほうが良いんだ、と思ってます。

     

    あと言い訳ですが、僕はそれほどフレキを作ったことがないので、フレキ使いの人に

    とっては拙い内容かと思いますがご容赦を。

    初めに言っておきますが、リューターが無いと辛いです。

    ビットに小さい径のダイヤモンドディスクがあると加工がはかどります。

    アルゴファイルとかから出てる奴を買うと良いと思います。

     

    <用意するパーツ>

    ・MSセンター・・・ノーマルでも軽量でも可。ポリカ強化は割れやすいので非推奨。

    ・MSノーズ・テールユニット・・・こちらもポリカ強化非推奨

    ・Aパーツ・・・カーボン強化はモーター替えるのがめんどいので僕は普通の使ってます。

    ・スラダンバネ・・・バネの固さはお好みで。僕はソフト使ってます。

    ・FRPのマルチリアワイドとか・・・ノーズ・テールユニットが倒れるのを防ぐプレート

                     愛知で"コの字"とか言われてるやつです。

    ・ギアとかモーターとかもろもろ

     

    減衰狙いのグリスとかはお好みで。僕はホコリ付着するのが嫌なので使ってません。

     

    まずはセンターシャーシの加工から。なお今回の記事はフロント側のみ紹介します。

    リア側は同様にやって下さい。

    前後の端をリューターの丸ノコとかで切断します。

     

    切る位置はここ。切り離した前後のパーツはギアカバーになるので捨てないように。

     

    前後を切り離したセンターシャーシの赤枠部のリブを切ります。精度は要らんのでニッパーで

    切ってOK

     

    こんな感じ。なお、リブは少し残しておいて下さい。完全に切るとすぐセンターシャーシが

    もげます。次に赤枠部にある微妙な突起をダイヤモンドヤスリとかで削って平にならします。

     

    わかりにくいけど緑枠部みたいな感じで。

     

    次にセンターシャーシのボスにスラダンバネのソフトを仕込むわけですが、バネはそのままだと

    ボスにぴったりはまってしまい、全然動きません。

    片軸のカウンターギアのとこに写真のようにバネをはめて外して・・・を繰り返すと

    バネの内径が微妙に拡がります。

     

    んでセンターシャーシのボスにバネをセットします。バネの先端を押して戻ればOK。

    戻ってこなければまだ内径がきついのでもっと拡げて下さい。

    もしくはボスを削ってもOKです。ただ、削りすぎると折れる可能性がありますので程々に。

    デザインナイフでちょっと削ぐくらいが良いと思います。

     

    最後に上の赤枠部をニッパーで適当に切ります。ここを切っておかないとノーズ・テール

    ユニットのベアリングをはめる部分に引っかかってしまうんですよね。

     

    次、ノーズ(テール)ユニット。まずストロークするときに邪魔になる赤枠のリブを

    ニッパーで切り飛ばします。

     

    次にバネを受ける部分を作ります。赤枠部のボス・リブを平らにならします。

    これが切る部分が多くて少し面倒です。前述した小径のダイヤモンドディスクがあると

    だいぶ楽です。

     

    こんな感じに削って下さい。この時マシン両端のリブを微妙に残しておくと強度が少し

    マシになります。ノーズユニットは特に破損しやすいので強度確保しとくにこしたことは

    ありません。逆にリアユニットはリブ残さずにまっ平らにしても問題ないと思います。

    後ろから突っ込まれることなんて滅多にないですし。

     

    センターシャーシとこすれる赤枠部を削ってクリアランスを調整します。

    ここがきついと、バネが縮んでも戻ってきません。

     

    最後に倒れ防止のプレートとノーズ・センターユニットをビスで固定します。

    ノーズユニットを動かしてみてスムーズに元の位置に戻って来ればOKです。

    スムーズに動かない場合は、まぁバラしてどこが引っかかってるかを見るしか無いですね。

    大体バネを仕込んでる所が怪しいです(僕の経験上

     

    最後にカウンターギアがノーズ(テール)ユニットに当たらないように切り欠きます。

    切り欠いたところはグリスを撒き散らさないようにマルチテープとかでふさぎます。

    コースを汚してはいけないってのはレギュレーションなので絶対にやりましょう。

    2-26ばら撒く奴はいまだに後を立ちませんが

    前述の通りノーズユニットはCOして壁にぶつかったりさせてると真っ先に壊れます。

    次にセンターユニットですかね。リアユニットはほとんど壊れません。

    なので、ノーズユニットとセンターユニットは予備を作って持っておいたほうが無難です。

     

    フレキは人によって作り方がだいぶ違う(らしい)ので、1つの例として参考になれば

    幸いです。僕はフレキのリア側の動きやすくするのが好きなのでクリアランスは

    ガバガバ気味にしてます。

    2017.11.28 Tuesday

    スポンサーサイト

    0
      コメント
      コメントする








       
      Calendar
           12
      3456789
      10111213141516
      17181920212223
      24252627282930
      31      
      << December 2017 >>
      PR
      Selected Entries
      Categories
      Archives
      Recent Comment
      Links
      Profile
      Search this site.
      Others
      Mobile
      qrcode
      Powered by
      30days Album
      無料ブログ作成サービス JUGEM